釣り業界ではたらく社長

記事一覧(4)

全ての現実は夢から始まる。

2016年1月。僕の最大の理解者であった親愛なる爺さんが死んだ。いろいろ悩んでいた時期から庭を通じて色々なことを教わった。爺さんになんで庭師になったのか聞いた時こう答えてくれた。『活字に疲れた。』庭師になる前は本屋の雇われ店長だったほどの活字の虫だったはずだ。爺さんの記憶といえば木に登っているか、本を読んでた姿しかない。晴れの日は手入れ、雨の日は休み。そして晴れの日も雨の日もいつもキリンラガーと、きな粉色のHOPEがいつも隣にあった。一緒に行った現場でも他の職人たちともは何も話さないのが普通で、『おい!バカ林!!お前が通訳しろ!!(怒)』っていうくらいいつもガチギレしていた笑ちょっとおかしな爺さんでした。そうそう、この爺さんが若林=バカ林の名付け親!!手入れについて色々なことを沢山質問した。質問してもまともな答えが返ってきた試しがない。『そんなこたーどーでもいいのっ!!』人生にはもっと大事なことがあるだろってそう伝えたかったのかな。まだまだ聞きたいことは沢山あったのに早すぎる死。亡くなる前日までビールは離さなかったんですよって奥さんが言っていた。『今日もビールが美味い!!』そういって、あくる日に眠るように亡くなっていたそうだ。最後の個展だから来い!!って巡礼とかやるから早すぎるお迎えが来ちゃったんだよ。うまくは言えません。気持ちの整理もかなりまだです。本当にありがとうございました。追伸 そろそろ本当に、『縁』の案 具体的に←動きます。

爺さんの教え。

爺さんは孫さんのことをいつも呼び捨てにしていました。孫はな〜、ほにゃらら。みたいに。有名人に○○を教えたのは俺だ的な。ガネーシャか❗️と心の中でツッコミを入れてましたがそんな爺さんの話を聞く事がとても好きでした。このフレームワークの記事を読んだらもしや爺さんの言ってた事がホンマだった気がしてきました。(そんな訳ない笑)爺さんの教えでは常に具体的に考える事を教えてくれました。「悩むな、考えろ。」と。活動の原点。【課題】僕は生きてるのに死んでるように生きていた。ただただ惰性で。【原因】お金の為に働いていたから。【解決策】楽しく働ける会社を作る。そこに登録して働く。働くとは?イ(ニンベン=他人)+動(重い物を運ぶときに力を貸す。)貸すとは?代わりに貝を出す。昔は貝が金だったらしい?(マジ?)働くとは「人の為に動くことをいう。」為(ため)とは?尽くす事が積み重なってデッカクなったやつ尽くすとは?屋根のしたで2人の人が雑魚寝している図。寝食を共にし、ひとつ屋根のしたでお互いを尊重し助け合い暮らす。【効果】うちで働く事のメリット最低限の衣食住と老後の生活が保証されている。独立、起業準備金は僕に出してもらえる。(無償、返済義務無し)スタッフはみんな美人。社長(僕)の趣味。【共感 】お金の為に働いている頃は自分の事ばかり考えていた。孫さんやホリエモンじゃないし僕レベルの凡人に出来る事なんてありゃしないと思い込んでいた。【自己体験】※爺さんの教えにはこの項目があった。大工の現場監督の頃、施主のお母様にガラケーメールの打ち方を教えてあげたら泣いて喜ばれた。自分では当たり前だのクラッカーレベルの知識ですら人の為になると学んだ。それはなぜ?現代人は自分の事だけで精一杯で忙しい。でも決して無関心なわけでは無い。ささいな困りごと(お母様がお友達とランチの約束の為にメールすること)なんて気にもしなかった。バカ林は現場で出来るとこが何も無いから本を読むか、現場を掃除してるだけの暇人。そこにお母様が話しかけてきた。【信頼】私はちゃんと仕事をしている。1業界1社じゃなく各業種多方面で働いている。収入元がひとつしかないと一社こけたらみなこける。少ない収入でもバランス良く数社から貰うとリスクが少ない。かつ全ての会社がコケても僕の会社は潰れない。何故なら初めから何も無い家もパンツも無い。【納得】何で家が無い?家は負債。いらない。なぜいらない?僕の【課題】であった生きてるのに死んでた自分がイキイキ働けるようにするには【原因】を無くす事が必要だった。生きてるのに死んでるような人達のモチベが上がらない原因は、お金の為=家賃の支払いの為だけに必死に働いていると考える。なんのために生きてるかを考える余裕もなく来月の家賃を気にしてる。【決断】家がなきゃ必要経費を低く抑えられる。そもそも寝る為だけに帰る家なら会社に住めばいい。寝泊まりしてまでやりたい仕事がある会社を作りました。「なぜその商品・サービスを売っているのか」という「念(おも)い」昔Barでバイトしてたとき「君はなんで家無いの?」と聞かれたんですよね。そこで「家賃の支払いが無いと夢の仕事に就ける。夢の仕事の多くは給料が少ない。家を無くすことは通勤時間の短縮であり、死んでるように働く時間も減ることに繋がるため寿命の無駄を抑えられます。時は金なりといいますが 時=金時給は寿命の切り売りなのだ。という話をしたところ、客「君オモロイな、今仕事してないならうちに来るといい。」客「言い値で給料払ってあげるからいくらでも言ってごらん」僕「食うものと寝るとこに困らなければおにぎり1個でもいいっす笑」客「合格!明日からうちにおいで。」次の日、客「これが君の仕事だ。この本さえ読んでれば給料は払うから。」

全ての現実は夢から始まる。

2016年1月。僕の最大の理解者であった親愛なる爺さんが死んだ。いろいろ悩んでいた時期から庭を通じて色々なことを教わった。爺さんになんで庭師になったのか聞いた時こう答えてくれた。『活字に疲れた。』庭師になる前は本屋の雇われ店長だったほどの活字の虫だったはずだ。爺さんの記憶といえば木に登っているか、本を読んでた姿しかない。晴れの日は手入れ、雨の日は休み。そして晴れの日も雨の日もいつもキリンラガーと、きな粉色のHOPEがいつも隣にあった。一緒に行った現場でも他の職人たちともは何も話さないのが普通で、『おい!バカ林!!お前が通訳しろ!!(怒)』っていうくらいいつもガチギレしていた笑ちょっとおかしな爺さんでした。そうそう、この爺さんが若林=バカ林の名付け親!!手入れについて色々なことを沢山質問した。質問してもまともな答えが返ってきた試しがない。『そんなこたーどーでもいいのっ!!』人生にはもっと大事なことがあるだろってそう伝えたかったのかな。まだまだ聞きたいことは沢山あったのに早すぎる死。亡くなる前日までビールは離さなかったんですよって奥さんが言っていた。『今日もビールが美味い!!』そういって、あくる日に眠るように亡くなっていたそうだ。最後の個展だから来い!!って巡礼とかやるから早すぎるお迎えが来ちゃったんだよ。うまくは言えません。気持ちの整理もかなりまだです。本当にありがとうございました。追伸 そろそろ本当に、『縁』の案 具体的に←動きます。